user 7月/ 6/ 2018 | 0

近頃、海外へ行く航空会社一覧の中にLCCが参入していることをご存知の方も多いでしょう。これまでは大手の航空会社が主な便を担っていましたが、その安さからLCCも多くのユーザーから人気を集めるようになりました。海外航空券を安く売る航空会社についてみてみましょう。

海外航空券を安く手に入れる方法とは

海外へ行くにはどこの航空会社を使っても同じだと思っている方は少なくないです。しかし航空会社が変わればその海外航空券の価格も、サービスも全く違うので注意しなければなりません。海外航空券を安く手に入れるためにはLCCの存在が欠かせません。LCCはこれまで当たり前だった、機内で快適に過ごすためのサービスをそぎ落とし、本当に必要なものにのみ重点をおき、安く海外航空券を売っています。ただし、機内での食事や飲み物はすべて追加の料金が発生したり、荷物を空港へ預ける時に手数料が発生したり、荷物の重量の制限が厳しいといった点をあらかじめ知ったうえで海外航空券を予約すると良いです。

航空会社一覧で各社特徴を把握

LCCは近年非常に多く展開されています。多くの場合、行き先は行きたい日にちや時間などでどのLCCを使うか決めると良いです。しかしどのLCCがどんな特徴をもっているか前もってしっておくとより選択しやすくなるため、航空会社一覧を紹介していきます。日本で人気があるのはピーチアビエーションとジェットスターです。この2社は海外航空券の他、国内線も多く便が出ているため、国内線で乗ったことがあるという方も少なくないでしょう。また定期的にセールを開催するため通常では考えられないほど破格の値段で海外へ行くことができる場合も。また機内での食事のメニュー数が多いことでも有名なバニラエアや、中国などを中心に便をもつ春秋航空などがあります。

View this post on Instagram

@04mmy22がシェアした投稿

LCCを選ぶポイントとは

最近では多くのLCCが展開されているため、特にアジア圏内では複数のLCCが便を持っているということもあります。そういった場合にどこのLCCを選択すれば良いか迷った場合は価格を重視するのであれば、値段が一番安いLCCを選び、荷物が多い場合は荷物の重量の規定を見比べてみるのも良いです。LCCは似ているようでサービスなども異なるため、乗客が何を求めるかで、航空会社一覧から選ぶべきLCCは違います。

まとめ

海外航空券を安く手に入れるにはLCCの存在が欠かせません。近年では多くのLCCがありますが、航空会社一覧で各社を比べてみると、サービスや価格に違いがでるため、何を重視するかを事前に考えて、利用するLCCを決めると良いでしょう。