user 11月/ 25/ 2018 | 0

昔は数少ない航空会社しかなく選ぶことすらできませんでしたが、今やローコストキャリアと言われるLCCが参入してきたことによって価格からサービスなどお客さんが選べる時代になりました。それぞれの違いを比較しながら航空会社一覧をみてみましょう。

航空会社一覧でサービスの良いもの

代表的な航空会社のANAやJALはサービスの良さや快適な機内で有名です。それもそのはずフルサービスと呼ばれ海外航空券を購入すると機内食や飲み物がサービス内容に含まれており、移動時間を飽きさせない工夫のひとつ映画やビデオやゲームなどを楽しめるサービスもあります。機内のシートもゆったりサイズだったり、機内温度が寒い時や明るくて眠れない時は毛布をかけてくれたり、細かい事まで気をきかせてくれます。サービスが充実している為、少し高いと感じてしまう海外航空券ですが長旅を快適に過ごしたいという方はサービス重視で選びましょう。

航空会社一覧で価格の安さの良いもの

少し前からLCCが参入してきて、今は多くのLCCがあります。なぜLCCは価格を下げることができているかというと、ほとんどすべてのサービスが有料になっているからです。人によってそのサービスはいらないというものを有料化にして必要な人だけに提供するようになりました。機内食も食べるか食べないかをお客さんが選ぶのです。機内の映画や音楽が有料の場合はお金を払えば利用できますが、まったく機能がついていない場合もあります。お金を払えばなんでもサービスを受けられるというものでもないので事前にどんなサービスがついているのかは確認しておいた方が良いでしょう。とにかく海外航空券を安くすませたいという方や、フルサービスじゃなくてもいいという方は安さ重視でこちらを選びましょう。

快適さと価格にこだわるなら

LCCの中でも航空券が安いだけではなくフルサービスが無料で受けられる所があります。その会社名はスカイマークです。安いのに快適に過ごせるのが一番ですよね。しかしスカイマークは現在国内線のみになっているので海外にはいくことはできずとても残念です。将来はフルサービス付でも海外に行けるLCCが誕生してくれることを楽しみにしています。

さおりん🌟さん(@saori10090618)がシェアした投稿

海外格安航空券

海外航空券を取扱う航空会社一覧のなかでサービスを重視するか、価格を重視するかを考えると多くある航空会社のなかでも選びやすくなります。LCCを選び、せっかく安く海外航空券を購入しても有料サービスをたくさん着けた結果ANAやJALよりも高くなってしまっては損した気分になりますよね。ご自身がなにを望んでいるのかを明確にして損しないように海外旅行を楽しみましょう。

■参考サイト:海外格安航空券 https://skyticket.jp/